2014年10月1日水曜日

ツール、エネルギー

100年住宅のツールはそれほど変わりようがない。

乗り物系がどうなるか?

自動車、船、飛行機

僕は欲しくはないが・・・ だれか開発してよ!

#ドラゴンマシン、未来の飛行機と船。

水素エンジンジェットか? 電気飛行機か? 電気帆船か?


100年住宅のエネルギーはどうなるか?

不足することが予想される


8/21/2012

第三次産業革命のテクノロジドライバー

第三次産業革命を達成するには、再生可能エネルギーで動く飛行機、船、自動車を開発しなければならない・・・

これは、第三次産業革命時代の水素エンジンジェットである・・・



これは、第三次産業革命時代のハイブリッド帆船である・・・



これが、第三次産業革命時代の燃料電池車の構造である・・・



燃料電池自動車のしくみを知ろう!
ガソリン内燃機関自動車と比べると、とってもクリーンなクルマですが、燃料補給のためのインフラの整備などが今後の課題です。

FCV(燃料電池自動車)は、燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。ガソリン内燃機関自動車が、ガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給します。

走行時に発生するのは水蒸気のみです※。 大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)、浮遊粒子状物質(PM)はまったく排出されません。 また、ベンゼンやアルデヒドなどの有害大気汚染物質の排出もありません。

FCVの5つのメリット

1.有害な排出ガスがゼロ、または少ない
2.エネルギー効率が高い
3.多様な燃料・エネルギーが利用可能
4.騒音が少ない
5.充電が不要

0 件のコメント:

コメントを投稿