2015年5月16日土曜日

第三次産業革命

電気の時代

理論上、水素経済は可能です。

燃料電池車も、電気自動車の一種です。

大半の再生可能エネルギーは電気に変換されて使われます。

バイオエタノールなど、バイオマスの一部は燃料として、直接燃やされます。





石炭の時代


石油の時代


水素(電気)の時代


第三次産業革命は、水素革命(エネルギー)、ロボット革命(ツール)です。




2015年2月23日月曜日
目標は2050年
太陽文明が再来します。

化石文明は過去の遺産がベースです。持続可能ではない。

太陽文明はリアルタイムのエネルギーがベースです。持続可能です。

2050年に部分的に太陽文明になる・・・


2020年は東京オリンピックです。

僕の関心はオリンピックじゃなくて、2020年が太陽文明への一里塚だと思っています。

水素ステーションが配備されて、FCVが走る・・・

化石文明は過去の遺産です。太陽文明はリアルタイムです。



未来は再生可能エネルギーをベースにしたリサイクル型社会になる。

過去も再生可能エネルギーをベースにしたリサイクル型社会だった。

ここ数百年が異常な世界だった。



石炭の時代


石油の時代


水素の時代 


化石エネルギーからソーラーシステムへ

大きなプランです・・・

目標は? 2050年


水素社会@トヨタ
http://toyota.jp/sp/fcv/h2guide/



水素経済は可能です

太陽光発電 => 水素生成

水素 => 電気


 例えば、サハラ砂漠に250km四方の太陽光パネルを敷き詰めれば、理論上は世界の電力需要が賄えるといわれるように、新エネルギーの可能性はとてつもなく大きく、資源の持続可能な利用に努めていく上でも、重要な役割を担う時代が来ることは明白です。


水素貯蔵

 東芝は水素を使い電力を大量貯蔵するシステムを2020年にも実用化する。水を電気分解していったん水素にし、必要に応じ燃料電池で酸素と反応させ電気として取り出す技術にめどをつけた。既存の蓄電池に比べ電力を長期に大量保管しやすく、設置・運用費は半減できるという。再生可能エネルギーの発電事業者や自治体などにとって蓄電方式の選択肢が広がりそうだ。


2015年5月22日金曜日

テクノロジードライバー

○水素革命(エネルギー)


○ロボット革命(ツール)




○パナソニック革命(エネルギー、ツール、ネットワーク)


電力需給システム(エネルギー) 自家発電所を含む分散型発電

家電システム(ツール) ホーム情報システム、ロボットなども含む

自家用モバイルシステム(ツール) 電気をベースにした乗り物


パナソニック住宅(ツール) 上記のシステムを含む住宅

パナソニックタウン(ネットワーク) パナソニック住宅群で構成されるスマートタウン


バードマン

0 件のコメント:

コメントを投稿